エンターテインメントで笑顔を繋げる!

INTERVIEW

咲妃みゆさん《後編》「誰かに元気を届けたいという思いが私の活力に繋がる」

女優・歌手として活躍する咲妃みゆさんが初のスタジオ・レコーディング・アルバム『MuuSee』(ミュージー)を9月9日にリリース! 収録曲は、オリジナルからミュージカルナンバー、カバー曲と全12曲。あたたかくやさしく、時に切なく響くアルバムには、しなやかに美しく生きる咲妃さんの魅力が詰まっています。咲妃さんにニューアルバムにかける熱き思い、そしてステイホーム期間中のこと、久しぶりの舞台出演となるミュージカル『ナイン』についてお聞きしました。

>>>前編はコチラから

皆さんの日常にそっと寄り添えるアルバムになれたら

――人と人とのつながりが問われる今の時代に、咲妃さんの歌声が伝えるメッセージがとても貴重だなと思います。咲妃さんはどんな思いでこのアルバムを作られたんでしょうか?

今思ったんですけど、自分自身のことを歌う曲もありますが、「あなた」に歌う曲が結構多いなって。私は表現者としての仕事が好きですし、叶うことならこれからもずっと続けていきたいと思っています。ステイホーム期間に自分を見つめ直したとき、誰かに元気を届けたい、笑顔を届けたいという気持ちが自分の活力になっているんだと気づきました。だから、私が歌いたいから歌うというよりは、私がどなたかの力になれたらという思いが、この仕事を続けさせてくれているかなと思うんです。

――どんなシーンでこのアルバムを聴いてもらえたらと思いますか?

ご自分が心地良くて落ち着く空間にいらっしゃるときに聴いていただけたらと思います。ドライブ中や通勤通学の途中、家の中のお気に入りの場所でもよいですし、皆さんの日常にそっと寄り添えるアルバムであったらと思いますね。

――これから『MuuSee』をお聴きになる皆さんへ一言、お願いします。

私個人の話になりますが、世界が(コロナ禍で)大変な状況になった中で、音楽にとても救われました。心の支えになって、背中を押してくれたのが音楽でした。このアルバムに限らず、皆さんのそばにいつも音楽があってほしいなと思うし、音楽は皆さんの味方だなと思うんです。このアルバムをお聴きになって、「今日もいい日だった、明日も頑張ろう」と思っていただけたら、そして、ご自身にとって大切な方に思いを馳せていただけたらと思います。

★AAA0813.jpg

ステイホーム期間に始めたことは?

――咲妃さんは、コロナ禍によるステイホーム期間をどのように過ごされましたか?

いろいろしましたよ(笑)。まず自分を家に固定しておかなくては! と思って最初に取り掛かったのはジグゾーパズル。大好きなディズニー柄の2000ピースのパズルを始めて、楽しかったのですが、自分で作業時間を決めないといつまでもやってしまうんです(笑)。目や肩が疲れた頃、以前からトレーニングしていたジャイロトニックのオンラインレッスンが始まって3日に一度受けていました。それで、かなり体の調子が整いましたね。

今までも家族とは連絡を取っていたんですが、より一層頻度が増えました。離れていても家族との時間が増えたのは良かったことの一つです。大好きなスタジオジブリの久石譲さん作曲の曲が弾けるようになりたいと、電子ピアノを買って練習したり。お料理も失敗を繰り返しながらいろいろ作りました。お豆腐のハンバーグはわりと上手にできたので、得意料理に入れようかなと思っています(笑)。

――ステイホーム期間中にご自身で感じた変化はありましたか。

今までは三日坊主で続かなかった日記を始めました。自分が今こんなことに興味があるのかとか、こんなことを思っているんだということがわかって面白かったです。今年は終戦から75年ということで、戦争についても考える時間が増えました。宝塚歌劇団の先輩方数名とオンラインでの演劇ワークショップで『アンネの日記』の勉強会を週に1回続けているんです。私はその中で最年少でしたが、宝塚に在団したからこそいただいたご縁だったから、歌劇団は私にとって大事な故郷なんだなと改めて思いました。

久しぶりの舞台『NINE』は体当たりで演じたい

――宝塚歌劇団もコロナ禍による公演中止が続きましたが、後輩たちにエールを送るとしたら?

私ごときが言うようなことではないですが……、宝塚歌劇、そしてエンターテインメントが潰えることはないから、皆さんの中にある持ち前の気力と根性と宝塚歌劇への愛でなんとか踏ん張っていただきたいと思いますね。

――咲妃さんはこの後、ミュージカル『NINE』(2020年11月12日〜29日TBS赤坂ACTシアター、12月5日〜13日梅田芸術劇場メインホール)にご出演予定ですね。

ミュージカルの舞台は12月の『シャボン玉とんだ宇宙(ソラ)までとんだ』以来なので、ドキドキしますね。(演出の)藤田俊太郎さんは朗読劇の『ラヴ・レターズ』で一度ご一緒させていただきましたが、とても情熱がある演出家さん。今回ご一緒できるのがとても楽しみです。

――咲妃さんが演じるのは映画監督グイド・コンティーニ(城田優さん)の妻、ルイザ。

今まで多くの舞台を拝見した城田さんと共演させていただけて光栄です。奥さん役といっても幸せ満開ではないのですが(笑)、一筋縄ではいかないお役をいただけるのは役者としてはこの上ない喜びです。体当たりで演じさせていただきたいと思います。

取材・文/大原 薫(演劇ライター)
撮影/吉原朱美



咲妃みゆ(Sakihi Miyu)
1991年生まれ。2010年宝塚歌劇団へ入団、月組に配属。2014年より雪組トップ娘役に就任。
『ルパン三世』マリー・アントワネット役、『星逢一夜』泉役、『ローマの休日』アン王女役等、様々な作品でヒロインを務める。2016年歌劇団年度賞優秀賞受賞。
2017年「幕末太陽傳」おそめ役を最後に、7月に宝塚歌劇団を退団。
その後は女優/歌手として、舞台、映像、音楽と、幅広く活躍している。


Information

咲妃みゆ『MuuSee』

sakihi.jpg

2020年9月9日発売
初回限定盤:UICZ-9161CD+DVD 4,950円購入・詳細はコチラ
通常盤:UICZ-4475CD 3,300円購入・詳細はコチラ

♪収録楽曲(全12曲)
M.01 Starting Today今日から二人で …カバー曲
Words & Music by Kara Dioguardi / Matrin Harrington / Ash Howes / Natalie Imbruglia
日本語詞:高橋知伽江 Arranged by Masato Kamata, Jiro Miyanaga
M.02 Only You生まれ変わってもあなたがいい
Words, Music & Arranged by AK Akemi Kakihara
M.03 Good Morning Baltimore ※ミュージカル「ヘアスプレー」より
Words & Music by Marc Shaiman / Scott Wittman Arranged by Keiko Osaki
M.04 明日を信じて(Acoustic Version)
Words by Miyu Sakihi Music & Arranged by Satoshi Takebe
M.05 Unusual Way ※ミュージカル「NINE」より
Words & Music by Maury Yeston Arranged by Masato Kamata
M.06 幸せの蕾
Words by Miyu Sakihi Music & Arranged by Satoshi Takebe
M.07 Dress up Doll
Words by Taiki Nishikawa Music & Arranged by Ai Kuwabara
M.08 With You ※ミュージカル「ゴースト」より
Words & Music by Glen Ballard / Joel Rubin / Dave Stewart
日本語詞 / 高橋知伽江 Arranged by Kei Kawano
M.09 True To You (English Version)※セルフカバー曲
Words, Music & Arranged by Jeff Miyahara
ディズニー★JCBカード10th Anniversaryテーマソング
M.10 Snow Butterfly
Words by Keiko Serizawa Music & Arranged by Makoto Sakuma
M.11 Piece Of My Wish …カバー曲
Words by Yuho Iwasato Music by Chika Ueda Arranged by Keiko Osaki
M.12 変わらない想いを
Words by DAISUKE, Keiko Osaki Music & Arranged by Keiko Osaki

※詳細はユニバーサル ミュージック公式HP

RECOMMEND

東啓介の聴活♪
加藤和樹の#だからKOREA
PAGE TOP
error: