エンターテインメントで笑顔を繋げる!

INTERVIEW

咲妃みゆさん《前編》「誰かに元気を届けたいという思いが私の活力に繋がる」

女優・歌手として活躍する咲妃みゆさんが初のスタジオ・レコーディング・アルバム『MuuSee』(ミュージー)を9月9日にリリース! 収録曲は、オリジナルからミュージカルナンバー、カバー曲と全12曲。あたたかくやさしく、時に切なく響くアルバムには、しなやかに美しく生きる咲妃さんの魅力が詰まっています。咲妃さんにニューアルバムにかける熱い思い、そしてステイホーム期間中のこと、久しぶりの舞台出演となるミュージカル『ナイン』についてお聞きしました。

音楽が皆さんにインスピレーションを届けるミューズ

――『MuuSee』(ミュージー)は印象的なアルバム・タイトルですが、どんな意味なのでしょうか?

ミュージック、ミュージカル、それから、咲妃みゆのイニシャルの「M」と「S」……。「ミュージー」の響きの中には私の名前の「みゆ」も含まれています。いろんな意味が込められている造語として誕生しました。一番は、お聴きになった方たちに音楽を通して元気や希望をお届けできたらということ。音楽そのものが皆さんにインスピレーションを届けるミューズだという思いで名付けました。

――『MuuSee』はオリジナル曲とカバーで構成されていますね。どうやって選曲されたのでしょうか?

このアルバムで、咲妃みゆとしてどういう歌をお届けするかを考えました。カバー曲は、原曲のアーティストの方の素晴らしいお手本を意識しすぎることなく、咲妃としてどう歌うかということを大事にしています。オリジナル曲に関しては、等身大の今の私がどういう言葉を音色に乗せてお届けするかを考えて制作にあたりました。当初はオリジナルとカバーで半々という予定だったんですが、ありがたいことにオリジナル曲が半分以上になって。自分でも予想しない展開でしたが、挑戦続きのレコーディングとなって、本当に楽しかったです。

――オリジナル曲はどうやって生まれたのでしょう?

プレゼントしていただいた曲もありますし、クリエイターの方たちとお話を重ねてできた曲もあります。たとえば、「Dress up doll」を書き下ろしてくださった西川大貴さん。『ゴースト』で共演した俳優さんで演出家としても活躍していらっしゃる、大切な友人の一人です。自分が抱えていることやこれからの展望など、西川さんといろいろな話をした中で、私が発した言葉を拾い集めて書いてくださったんです。西川さんが作・演出したミュージカル『(愛おしき)ボクの時代』でタッグを組まれた桑原(あい)さんが作曲してくださって、「こんなに素敵な曲を歌わせていただけるんだ」と嬉しかったのを覚えています。

★_AAA0752.jpg

作詞するのは、自分をさらけ出している感覚です(笑)

――咲妃さんご自身が作詞をされた楽曲もありますね。

ファーストアルバムにライブバージョンが収録されている『明日を信じて』は、武部聡志さんが作曲してくださった曲に作詞させていただきました。今回はあたたかみあるアコースティックバージョンで、より身近に感じていただけるのではないかと思います。『幸せの蕾』は最初に曲を聴いたとき、「自分にとっての支えや幸せって何だろう?」というイメージが湧いて、それをそのまま言葉にしました。

作詞って私にとっては本当に難しいんです。なんだか自分自身をさらけ出しているような感覚で、仕上がった曲を皆さんに聴いていただくのがとっても恥ずかしいのですが(笑)、でもたくさんの方に聴いていただきたいなと思います。

――今はコロナ禍で皆さんもなかなか開放的な気分になれない状況かもしれません。でも、咲妃さんが作詞された曲を聴くと自然と心が安らいで、前に向けそうです。

本当ですか!? 嬉しいです、ありがとうございます。

――ミュージカルからのナンバーも咲妃さんらしい表現で素敵です。

ミュージカルの楽曲は、自分自身に縁がある曲や過去のコンサートなどで歌ったときにファンの方から「よかった」とお声をいただいた曲を選んでいるので、かなり気合が入っていますね。

(ミュージカル『ヘアスプレー』の)『Good Morning Baltimore』は最初にレコーディングした楽曲。『シャボン玉とんだ宇宙(ソラ)までとんだ』が終わった直後、コロナ禍ですべてが閉鎖される前に奇跡的に録音できた楽曲です。収録中はなんだか妙にテンションが高かったのを覚えています(笑)。この曲は英語で歌っていますが、日本語で歌うときと違うスイッチが入るというか。開放的になって違う自分になれている感覚があるので、テンション高く歌えるんでしょうね。大好きな曲なので、お聴きくださる方にも元気をお届けできたらと思います。

――同じミュージカル曲でも、『NINE』からの楽曲『Unusual Way』は大人の女性の切ない世界観で、咲妃さんにとっても新境地なのでは?

オリジナル曲『Only You生まれ変わってもあなたがいい』では純粋な愛を歌ったかと思えば、『Unusual Way』ではちょっと屈折した愛を歌ったり、全然テイストが違いますよね(笑)。鎌田雅人さんにアレンジをお願いして、咲妃ならではの『Unusual Way』がお届けできるのではないかと思います。リズムとしてはそこまで大きな波がないのに、感情としてはとても起伏の激しい曲なので、感情を込めて歌えるように意識しましたね。とても集中力が必要でしたし、大切に歌わせていただいた曲です。

――咲妃さんが出演され、2021年の再演が決定した『ゴースト』からは『With You』を歌われていますね。

公演が終わった後もファンの方との集いなどで歌わせていただいた、私の中で特別な曲なんです。だから、ぜひアルバムに入れたいなと思って。アルバムのレコーディングは、伴奏を先に録音して、後から歌を収録することが多いんです。でも、この曲は感情の揺れ動きが重要視されるので、編曲をお願いした河野圭さんのピアノ演奏と歌を同時に収録しました。歌っている最中、舞台の上から見えた景色や香りなどいろいろなものを思い出して、胸が熱くなりました。『ゴースト』という作品、『With You』という曲にまた向き合える日が来ることを心待ちにしています。

>>>後編はコチラから

取材・文/大原 薫(演劇ライター)
撮影/吉原朱美


咲妃みゆ(Sakihi Miyu)
1991年生まれ。2010年宝塚歌劇団へ入団、月組に配属。2014年より雪組トップ娘役に就任。
『ルパン三世』マリー・アントワネット役、『星逢一夜』泉役、『ローマの休日』アン王女役等、様々な作品でヒロインを務める。2016年歌劇団年度賞優秀賞受賞。
2017年「幕末太陽傳」おそめ役を最後に、7月に宝塚歌劇団を退団。
その後は女優/歌手として、舞台、映像、音楽と、幅広く活躍している。


Information

咲妃みゆ『MuuSee』

sakihi.jpg

2020年9月9日発売
初回限定盤:UICZ-9161CD+DVD 4,950円購入・詳細はコチラ
通常盤:UICZ-4475CD 3,300円購入・詳細はコチラ

♪収録楽曲(全12曲)
M.01 Starting Today今日から二人で …カバー曲
Words & Music by Kara Dioguardi / Matrin Harrington / Ash Howes / Natalie Imbruglia
日本語詞:高橋知伽江 Arranged by Masato Kamata, Jiro Miyanaga
M.02 Only You生まれ変わってもあなたがいい
Words, Music & Arranged by AK Akemi Kakihara
M.03 Good Morning Baltimore ※ミュージカル「ヘアスプレー」より
Words & Music by Marc Shaiman / Scott Wittman Arranged by Keiko Osaki
M.04 明日を信じて(Acoustic Version)
Words by Miyu Sakihi Music & Arranged by Satoshi Takebe
M.05 Unusual Way ※ミュージカル「NINE」より
Words & Music by Maury Yeston Arranged by Masato Kamata
M.06 幸せの蕾
Words by Miyu Sakihi Music & Arranged by Satoshi Takebe
M.07 Dress up Doll
Words by Taiki Nishikawa Music & Arranged by Ai Kuwabara
M.08 With You ※ミュージカル「ゴースト」より
Words & Music by Glen Ballard / Joel Rubin / Dave Stewart
日本語詞 / 高橋知伽江 Arranged by Kei Kawano
M.09 True To You (English Version)※セルフカバー曲
Words, Music & Arranged by Jeff Miyahara
ディズニー★JCBカード10th Anniversaryテーマソング
M.10 Snow Butterfly
Words by Keiko Serizawa Music & Arranged by Makoto Sakuma
M.11 Piece Of My Wish …カバー曲
Words by Yuho Iwasato Music by Chika Ueda Arranged by Keiko Osaki
M.12 変わらない想いを
Words by DAISUKE, Keiko Osaki Music & Arranged by Keiko Osaki

※詳細はユニバーサル ミュージック公式HP

RECOMMEND

東啓介の聴活♪
加藤和樹の#だからKOREA
PAGE TOP
error: