エンターテインメントで笑顔を繋げる!

MUSICAL/PLAY

【会見レポ―トVol.2】舞台『千と千尋の神隠し』千尋と心を重ねて成長していきたい

舞台『千と千尋の神隠し』製作発表記者会見レポート。クリエイティブスタッフのコメントを取り上げた第一回に続いて、第二回の今回は千尋役Wキャストの橋本環奈さん、上白石萌音さんなど、キャストのコメントをお届けします。(以下敬称略)

心に刻まれている作品への出演にワクワクが止まらない

●千尋役(Wキャスト)

橋本環奈(※帝国劇場初出演)
「『千と千尋の神隠し』は日本中、世界中の皆さんに愛されている作品。千尋を演じさせていただくのはとても光栄です。今まで緊張したことがない私でも、今日、製作発表の場に立って初めて緊張を感じています。私自身初舞台で右も左もわからない状態で、周りのキャストの皆さんや演出のジョン(・ケアード)さんに引っ張っていただき、皆さんの背中を見ながらなんでも吸収してまっすぐ進んでいきたいです。(上白石)萌音ちゃんについていきつつ、皆さんを少しでも引っ張っていける存在に変わっていけたらと思います。有観客で上演できるということで、ナマで皆さんに想いを届けられることが嬉しいですし、何事も新鮮に向かっていけたらと思います。初めてのことにたくさん直面すると思いますが、千尋と心を重ねて成長していきたいです」

上白石萌音
「私は『千と千尋の神隠し』の映画が大好きで、7歳のときに初めて観てあまりの世界観に子供ながらに恐ろしさと何か引き込まれるものを感じて、おいおい泣きながら最後まで見たそうです。心に刻まれている作品を演じることになった巡り合わせを嬉しくありがたく感じています。出演が決まってからたくさんの知人から“観たい”“どんな役でもよいから出たい”(笑)と連絡が来ました。こんなにたくさん反応をいただいたことはなくて、それだけ注目されている作品。プレッシャーをぬぐうことはできませんが、心地よく味方に感じながら、リスペクトと覚悟と責任をもって演じたい。映画を観れば観るほどどう演じるんだろうと“?”が浮かびますが、ジョンの頭の中に素敵なアイディアがたくさんあると思うので、千尋のように勇敢に頑張りたいと思います」

●ハク役(Wキャスト)

醍醐虎汰朗(※帝国劇場初出演)
「日本のみならず世界から愛される作品に出演できることを幸せに、誇りに思います。家のお風呂で何をしゃべろうか考えていたんですけど、忘れてしまいました(笑)。精一杯頑張りたいと思います(笑)。プレッシャーも感じていますし緊張しますが、これだけ素晴らしい方々に囲まれているので皆さんの胸を借りながら、精一杯僕ができることをやりたい。自分が一番の役の味方になりたいです」

三浦宏規
「『千と千尋の神隠し』という素晴らしい作品の初の舞台化でハクという役で携われることを嬉しく思います。舞台化されたらどういうことになっていくんだろうとワクワクしていて。僕はハク役なので龍になるシーンがあって、龍は舞台でどう表現するだろうということをお客様も楽しみにされていると思いますが、僕自身もとても楽しみにしています。ファンの方の多い作品なので、皆様の期待を裏切らないように演じたいです」

●カオナシ役(Wキャスト)

菅原小春(※帝国劇場初出演)
「カオナシです(笑)。私が演じるということで“カオナシ、キレキレに動くの?”といろんな人から言われて。“ああ、確かに”と思いました。ジョンさんがどう演出されるかまだわかりませんが、カオナシはとても神秘的で、人物なのか動物なのか、世界なのか宇宙なのかわからない。でも、生きているということは確かだから、人間の最大限の身体表現を使って、毎日一人でも多くの人の輝きになるナマモノをお届けできればいいなと思います」

辻本知彦(※辻のシンニョウは点1つ)(※帝国劇場初出演)
「一度だけワークショップをやったのですが、舞台美術・衣裳の構想や井手(茂太)さんの振付を見てワクワクしました。イギリスのミュージカルは知恵がいっぱいつまっているし、ジョン・ケアードさんの演出を受けて、自分も子供心に戻った気がしました。5歳の時に初めて観た映画が『風の谷のナウシカ』で、宮﨑駿作品が人生の一部になっています。今回のカオナシ役ですが、観に来た方の人生の一部になれたらいいなと思いながら演じればいいのかなと思っています。僕は踊りがとてもうまいんです(笑)。そこにプレッシャーはないのですが、うまさで語るのはよくないのだろうなと。カオナシという存在で哀しみを表現できたらと思います。今思いついたんですが、ちょっと踊っていいですか?」

と、辻本のイメージするカオナシを即興パフォーマンス。演出のジョン・ケアードは「これを見て、カオナシがどうやるかわかった(笑)」と感嘆しました。

●リン/千尋の母役(Wキャスト)

咲妃みゆ(※帝国劇場初出演)
「幼少期からスタジオジブリ作品の大・大・大ファンですべての作品を拝見してきました。この作品のオーディションの話をいただいたときに得も言われぬ興奮に襲われ、どうしてもこの作品に携わらせていただきたいという思いでオーディションに臨み、今この場に立っていること幸せです。今も興奮を抑えるのに必死ですが、こんな状態ではいけないのでしっかりと地に足をつけて、現実世界を生きる千尋の母、千尋を後押しできる心強い存在であるリンを演じさせていただけるよう、心を整えて稽古、そして本番に臨みたいです」

妃海風(※帝国劇場初出演)
「私も会場に入ってから記者会見に立つまで感動し続けております。キャストの皆さんもカラフル、そのカラフルに圧倒されている私(笑)。前日もう少し賢い文章を考えていたけれど感動が優先してしまって、可愛く表現できないくらい興奮しています。この先たくさんの興奮が待ち受けているのかと思うとすごくワクワクします。リン役として夏木マリさんと朴美さんが演じる湯婆婆の下で働くという経験、橋本環奈さんと上白石萌音さんが演じる千尋の面倒を見る経験は人生でほかにないと思うので、今幸せを感じております。(咲妃に向かって)頑張ろう!」

咲妃「はい、頑張ります!」

●釜爺役(Wキャスト)

田口トモロヲ(※帝国劇場初出演)
「非常に歴史のある帝国劇場に出演する緊張、そして世界中にファンを持つ『千と千尋の神隠し』という演劇作品に出演する緊張。ここだけでダブル緊張なんですけれども、さらにジョン・ケアードさんという方のコラボを受けるトリプル緊張があるんですよね。三つ巴の緊張を良き緊張に変え、自分の味方に変えて、長丁場なんですけれども最後まで完走できたらと思っています。舞台の初日には釜爺の6本腕が生えているかどうか(笑)見ていただきたいです」

橋本さとし
「日本を代表する、世界で愛される作品で、それを生身の身体でチャレンジするのはとても高いハードル。この作品を観られた方それぞれに思い入れがあって、どう舞台化されるかワクワク楽しみにしている方が多く、期待値を高まっているのを肌身で感じて、ハードルがピークに上がっています。ジョン・ケアードは僕らの肉体を使って表現して、その期待に応えると思います。ジョンは稽古を始めるときにいつも“レッツ・プレイ”と言うんです。演技=PLAY=遊ぶで、ジョンは僕たち役者を遊ばせる庭を作るのがとても上手な演出家です。ジョンを信じ、宮﨑駿さんが作った名作を信じて、責任を持ってお客様が楽しめるエンターテインメントにしたい。僕は憑依型なので、本番までには腕が何本か生えていると思います(笑)」

●兄役/千尋の父役

大澄賢也
「『千と千尋の神隠し』をジョンの演出で素晴らしいキャストの皆様と一緒に舞台を作るというのは想像するだけで興奮しますし、その中で自分に何ができるかということをすごく考えます。今、萌音ちゃんと一緒に『ナイツ・テイル』というジョンが演出した舞台に出演しています。ジョンは常にジョークを忘れず、どんなことがあっても穏やかで、年齢とかキャリアに関係なく平等に接して導いてくれる人。ジョンと一緒に物を作れることが光栄です。『千と千尋の神隠し』も楽しみにしております」

●湯婆婆/銭婆役(Wキャスト)

夏木マリ
「ジョンとは『レ・ミゼラブル』以来の再会でして、ジョンがこの世界をどう作ってくれるか今の段階ではわからないけれど、楽しみにしています。思い起こせば、映画版『千と千尋の神隠し』で湯婆婆の声をやらせていただいたのは20年前。20年後に舞台で実演するのが叶うとは思ってもみなかったのでとても楽しみです。声をやらせていただくときとは別物として、私自身はフレッシュに取り組ませていただきたい。橋本環奈さんと同じつもりでやりたいです。ニューヨークで『千と千尋の神隠し』の映画がヒットしているとき、現地の友達に“私が湯婆婆の声をやっているのよ”と言ったら、“So What?(それで?)”と言われた(笑)。アメリカでは別の人が声優をやっているので。“『千と千尋』の舞台版初演をやった”と言ったら、ニューヨークの友達も今度は“OK!”と言ってくれると思います。エネルギーを注いで演じたい」

朴璐美
「皆さんよろしくお願いいたします。『千と千尋の神隠し』の映画が上映される頃、いろんな方に『朴さんは今度ジブリに出るんだね』と言われたんです。当時演劇集団円に所属していて、自分から事務所に連絡したら“そんなわけはない”と言われてしまって。実は千尋役の柊瑠美さんと見間違えられていたんです(笑)。とても印象深く残っている作品に、20年たってまさか千尋でなく湯婆婆役で出演できるということ、胸が躍っております。ジョンのオーディションを受けたとき“湯婆婆はいろんな矛盾を抱えた存在だと思うから、美のすべてを出して”と言われました。ジョンの目の奥にだったら飛び込んでいけると精一杯演じさせていただいた。ジョンの演出を楽しみにしていますし、共演者の皆さんが燃えていると思うので皆さんの熱さに負けないよう、帝劇を油屋に変えていきたいです」

製作発表記者会見では舞台版ポスタービジュアルが初めて公開。原作の世界観をそのまま伝えるビジュアルで、会見に登壇して初めて目にしたキャストたちも興奮を隠せない様子です。キャストのコメントからは『千と千尋の神隠し』という作品への熱い思いが伝わってきました。ジョン・ケアードの想像力豊かな演出でどのように舞台に魔法をかけ、命を吹き込むのか、大いに期待が膨らむ会見でした。

取材・文/大原 薫(演劇ライター)
撮影/吉原朱美

マチ★ソワWEBで、A席チケット抽選販売

※予定枚数終了しました※

マチ★ソワWEBで、A席チケット抽選販売決定!
※チケット購入には産経iD会員登録(登録料・会費無料)が必要。登録はコチラ
抽選販売エントリー期間等、詳細は近日マチ★ソワにて発表します。

【販売公演】
●2022年3月8日(火) 18:00
千尋:橋本環奈、ハク:醍醐虎汰朗、カオナシ:菅原小春、リン/千尋の母:妃海風、釜爺:田口トモロヲ、湯婆婆/銭婆:朴璐美
●2022年3月25日(金) 13:00
千尋:上白石萌音、ハク:醍醐虎汰朗、カオナシ:辻本知彦、リン/千尋の母:咲妃みゆ、釜爺:田口トモロヲ、湯婆婆/銭婆:夏木マリ

Stage Imformation

東宝創立90周年記念作品
舞台『千と千尋の神隠し』

原作:宮﨑駿
翻案・演出:ジョン・ケアード
共同翻案・演出補佐:今井麻緒子
オリジナルスコア:久石 醸
音楽スーパーヴァイザー・編曲:ブラッド・ハーク
オーケストレーション:ブラッド・ハーク/コナー・キーラン
美術:ジョン・ボウサー
パペットデザイン・ディレクション:トビー・オリエ
振付:井手茂太

千尋:橋本環奈/上白石萌音(Wキャスト)
ハク:醍醐虎汰朗/三浦宏規(Wキャスト)
カオナシ:菅原小春/辻本知彦(Wキャスト)
リン・千尋の母:咲妃みゆ/妃海風(Wキャスト)
釜爺:田口トモロヲ/橋本さとし(Wキャスト)
湯婆婆・銭婆:夏木マリ/朴璐美(Wキャスト)

公演情報
【東京】帝国劇場
2022年3月2日(水)〜29日(火)※プレビュー公演2月28日(月)・3月31日(火)
※一般前売開始:2021年12月18日(土)
【大阪】梅田芸術劇場メインホール
2022年4月13日(水)〜24日(日)
【福岡】博多座
2022年5月1日(日)〜28日(土)

公演公式サイトはこちら

RECOMMEND

東啓介の聴活♪
加藤和樹の#だからKOREA
PAGE TOP
error: