エンターテインメントで笑顔を繋げる!

SPECIAL

『海宝直人のSmile Session ~出会いはタカラなり~』 猫の日Special! 歌コーナー拡大&新企画にチャレンジ!!

産経新聞社が運営するエンタメメディア「マチ★ソワ(待ちきれなくてそわそわしちゃう)」主催の配信イベント「海宝直人のSmile Session~出会いはタカラなり~」Vol.3の開催が決定!
 猫の日Specialとして、2月22日から28日まで、期間限定で配信いたします。

ミュージカル俳優・海宝直人がナビゲーターとして、エンターテインメント界で活躍する様々なゲストをお迎えして「ミュージカル」をキーワードに、トークや歌唱を届けていますが、今回は歌コーナーを拡大したスペシャル版としてお届けします。

ゲストは、元宝塚歌劇団雪組トップ娘役の咲妃みゆさんが登場! 咲妃さんは海宝のファーストアルバム『I wish. I want.』でデュエットを2曲披露。そのうち1曲、「A Whole New World」のMV(YouTube)の視聴回数は74万回を超えるほど、話題を呼び、いまなお視聴回数は伸び続けています。

歌コーナーでは、デュエットも披露する予定。また、本企画恒例の海宝からゲストへプレゼントする1曲にも注目。ミュージカルへの深い愛情を持つ二人が思いを込めてお届けするミュージカル楽曲はもちろん、心豊かになる魅惑のラインナップ(全5曲予定)をぜひお聞き逃しなく!

スペシャル版でも、ゲストを深掘りするトークコーナーは健在。昨年アルバムをリリースし、作詞や訳詞にも挑戦したという共通点がある二人。音楽活動で大事にしていることやターニングポイントとなった「タカラモノ」である作品や出会いについて、じっくりたっぷりお話を伺います。

実は舞台ではまだ共演をしていない二人。今回は咲妃さんが海宝にリクエストして新たな企画が実現! 二人がこれまで一度もやったことがないチャレンジが見られるのは、Smile Sessionだけです。

海宝直人とゲストとの素敵な出会いから生まれたタカラモノにご期待ください!

■特典映像プレゼント!

収録後のアフタートーク映像を、産経新聞グループの各サービスをご利用いただける「産経iD」会員の希望者全員にプレゼントいたします。

※受付終了しました※

Information

『海宝直人のSmile Session 出会いはタカラなり』 Vol.3猫の日Special
Supported by fracora

※本イベントは事前収録し、Streaming+での期間限定配信となります。
会場でのご観劇はできませんので予めご了承ください。

※販売終了しました※

【配信日時】2021年2月22日(月)21:00〜28日(日)23:59 ※事前収録配信

【出演】ゲスト:咲妃みゆ/ナビゲーター:海宝直人 ピアノ:森 亮平

【視聴方法】e+配信サービス Streaming+
【視聴チケット】チケットの販売は、2月28日(日)22時まで
 ◆産経iD会員 特別価格:2,200円(税込)
産経iD会員(登録料・会費無料)に要登録
 ◆一般:2,800円(税込)

■咲妃みゆ  プロフィール
1991年生まれ。2010年宝塚歌劇団へ入団、2014年より雪組トップ娘役に就任。2017年『幕末太陽傳』を最後に退団。その後は女優・歌手として幅広く活躍。近年の主な舞台は、ミュージカル『シャボン玉とんだ 宇宙までとんだ』『ゴースト』、朗読劇『逃げるは恥だが役に立つ』など。ほかにドラマ『まだ結婚できない男』、映画『窮鼠はチーズの夢を見る』などがある。歌手としては昨年、アルバム『MuuSee』をリリース。今後は3月に『ゴースト』(再演)が控える。

■海宝直人 プロフィール
1988年生まれ。千葉県出身。7歳で劇団四季『美女と野獣』でデビュー。その後も舞台を中心に活躍中。主な出演作は『レ・ミゼラブル』『ノートルダムの鐘』『アラジン』など。2012年に始動したロックバンド「シアノタイプ」のライブ活動では、ヴォーカリストとしての新たな魅⼒でファン層を拡⼤中。2021年1月、世界初演ミュージカル『イリュージョニスト』(日生劇場)で主演を務め大絶賛を博した。3月『アリージャンス~忠誠~』、8月『王家の紋章』に出演を予定している。

高純度・高実感、キレイへまっすぐ。

fracora-banner_1.jpg

 フラコラが目指すお客様の笑顔は、確かな実感があってこそ。
 純度の高い成分を厳選し、効果へ繋がるものづくりにこだわり続けます。
 人生をポジティブに送りたいと願う女性に、
美と健康を得られる「感動」と
 いつまでも若々しくいられる「自信」につながる
 エイジングケア商品を次々に提供し続けていきます。

RECOMMEND

東啓介の聴活♪
加藤和樹の#だからKOREA
PAGE TOP
error: